クッションタイプの化粧下地を使うメリットやデメリット、有効な使い方を紹介

化粧下地は化粧全体の状態を良くするために重要な役割を果たします。化粧下地にはクリームタイプやミルクローションタイプなどがありますが、クッションタイプを選択する方も多いです。クッションタイプの化粧下地にはどういったメリットがあるのかについて詳しく解説していきます。

化粧下地選びで悩んでいる方にもうってつけの内容です。

関連記事:化粧下地の相性や環境などで粉吹きが発生するので粉吹き対策や原因を知ろう

クッションタイプの化粧下地とは

化粧下地とは基本的にファンデーションのさらに下に使用する化粧品のことを言います。成分は製品ごとに異なっていますが、炎症を抑える成分や肌の色を良くする成分が含まれていることが多いです。しかしながらファンデーションや化粧水に比べるとそれらの配合量はやや少なめになっています。

それは化粧下地が主張し過ぎるとその上の化粧に悪い影響が出てしまう可能性があるからです。つまり、化粧下地はあえて目立たないように主張の少ない成分構成になっていますが、それでも付けるのか付けないのかでは大きな違いが生まれます。

そんな化粧下地の中でもリキッドをスポンジに染み込ませて使うのがクッションタイプの特徴です。クッションタイプの化粧下地はスポンジとリキッドがセットになっており、リキッドの主成分は一般的な化粧下地とほとんど同じです。

スポンジにリキッドを染み込ませた状態で肌に付ける仕組みになっていて、スポンジがクッションの役割を果たすのでクッションタイプと呼ばれます。

クッションタイプの化粧下地のメリット

クッションタイプの化粧下地のメリットの1つは肌への刺激を抑えられることにあります。クッションタイプの化粧下地に使われているスポンジは非常に肌に優しい柔らかさになっていることが多く、指で付けるよりも刺激が少ないです。

化粧下地は地肌にダイレクトに使用する物なので低刺激であることは大きな魅力と言えるでしょう。敏感肌の方には特にうってつけです。持ち運びやすいこともクッションタイプのメリットです。クッションタイプの化粧下地にはリキッドを染み込ませた状態のスポンジが入っているので、外出先でもすぐに使用することが出来ます。

もちろんコットンなどを用意する必要もありません。美容面から見たクッションタイプのメリットは、ツヤ感を出しやすいことにあります。スポンジを使って肌にリキッドを塗っていくように使うことから指やコットンで塗った時よりも、ツヤが出やすくなります。

中ではそのことを踏まえてツヤをもたらす成分を調整している製品もあります。肌が暗く見られがちな方であっても、クッションタイプの化粧下地を使うことで明るい印象を与えることが出来ます。また、スポンジは面積が比較的大きいので短い時間で広い範囲にリキッドを塗ることも可能です。

急いでいる時のメイクにも使いやすいと言えるでしょう。外出先で汗などをかいてしまって部分的にメイクが落ちてしまったときには、クッションタイプの化粧下地を使うことで調整出来ることもあります。

クッションタイプの化粧下地のデメリット

クッションタイプの化粧下地のデメリットの1つはややべたつきやすいということです。クッションタイプではスポンジを使って肌にリキッドを付けることになりますが、スポンジはコットンよりもたくさんのリキッドを含みます。

そのため、肌に付くリキッドの量も多くなりやすく、それがべたつきをもたらすこともあります。ただし、慣れればべたつかないように注意しながら使用できるようになることが多いです。べたつきは使い始めの頃に発生しやすいデメリットと言えるでしょう。

管理が少し難しいこともデメリットです。クッションタイプの化粧下地ではスポンジが常にリキッドによって湿っている状態になります。そのまま長期間にわたって放置すると衛生状態が悪くなってしまいます。もしも、長期間使わないことが分かっている場合にはスポンジを一度洗い、リキッドに付けない状態で保管する必要があります。

入っているスポンジと肌との相性が悪いとクッションタイプのメリットを実感できない可能性があることにも注意しておきましょう。

クッションタイプの化粧下地はどんな人に合うのか

化粧下地を使い慣れていない方や素早く下地を付けたい方に特に合います。コットンなどとは違い、一度に使用する量を細かく調整しなくても問題はありません。また、肌が乾燥などによって刺激に弱くなっている方にもマッチします。

スポンジでリキッドを付けることにより、下地を付ける際の力加減を間違える可能性が極めて低くなります。外出先にたくさんのコスメを持っていきたくない方にもうってつけです。クッションタイプがあれば綿棒やコットンなどがなくても、下地を付けることが出来ます。

クッションタイプの化粧下地を上手く活用するポイント

クッションタイプの化粧下地を上手く活用するためにはフェイスパウダーやプレストパウダーを併用することが有効です。クッションタイプにはツヤ感を出しやすいという特徴があるので、そこにパウダーを組み合わせることによってツヤ感を適度に保ちつつ、テカりすぎを防ぐことが出来ます。

パウダーにはクッションタイプの化粧下地のメリットを生かしてデメリットを抑える効果があります。シアーにも同様の効果があるのでクッションタイプと組み合わせることが有効です。クッションタイプの化粧下地を長く安定した状態で使いたいのであれば、毎日の帰宅後にはスポンジを洗うようにする必要があります。

内容量が少なめで数週間で使い切る場合には毎日洗わなくてもそれほど影響が出ない可能性もありますが、数ヵ月にわたって同じ製品を使う場合にはしっかりと洗っているかどうかで大きな差が生まれます。

クッションタイプの化粧下地の選び方

クッションタイプの化粧下地を選ぶときには、製品の中に入っているリキッドとスポンジという2つの要素の両方に着目する必要があります。リキッドについては抗炎症成分が入っているかどうか、添加物の有無などを確認しておきましょう。

抗炎症成分はグリチルリチン酸ジカリウムとして配合されていることが多く、入っていればニキビ予防などの効果を期待できます。添加物は入っていれば必ず良くないというわけではありませんが、敏感肌の方の場合にはなるべく添加物が入っていない物を選んでおく必要があると言えるでしょう。

やや小さめのスポンジが使用されている製品を選ぶと、細かいところの調整がしやすくなります。スポンジの柔らかさなども製品ごとに少しずつ違いがあるので試してみることも有効です。